2006年07月04日

結婚相談所の営業

今や結婚相手紹介サービス業界は、いろんなパターンの業者が乱立していて過当競争ぎみだ。
会員数は大手数社が突出していて、中小規模の結婚相談所が何千も束になったとしても太刀打ちできない。
大手とはいわゆる結婚情報サービス会社だ。
なぜか?
資金力のある大手結婚情報サービスには、会員を獲得するための整然としたビジネスモデルができあがっているからだ。
要するに結婚相談所とは営業力が全く違うんだ。

業種で言うと結婚情報サービスは営業会社、結婚相談所はサービス業というところじゃないかな?

結婚相談所の中にも凄く営業に力を入れている所もあるけど、少数だね。
営業資金が豊富な大手とは営業スタイルも違うし、スタンスも違う。
でも結婚相談所の方は、大手結婚情報サービスに対して結構対抗心を持っていて、ライバル視している。

かたや結婚情報サービス会社はどうかというと、同業の結婚情報サービス会社に対しては、凄い競争心があって、常に出し抜くことを考えている。
だから益々営業に力が入っていくんだ。
はっきり言って、結婚相談所のことなんか全く眼中にない。
むしろ自分たちと同業という意識もないかもしれないね。
それと変にプライドがあるんだな〜。なぜだか・・

posted by ネガ at 19:39| Comment(2) | TrackBack(1) | 結婚相談所業界の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
結婚情報サービスの営業は、その日のうちに契約させるようにしているように見えます。その時にはあなたは結婚できる立場であるからできるだけ早く入会をして相手を探す事を勧めて、他の結婚情報サービス会社よりいかに自社が優れているかをアピールをしているようです。
費用はあえてローンを組ませて、負担が少ないように見せかけてますが負担は結構多いですね。
結婚紹介所というものがある事自体を言わないでしょうね、それは比較された時に自分たちが不利であることが明確だからでしょう。
とにかくその場で契約をさせてローンを組ませる事が組織目標なのです。(考えるからと今日は帰られたら失敗)
それに対して結婚紹介所は、営業段階ではあなたを結婚させることに努力はするけど、あなたの努力が伴なければ、結婚に至ることはないけど、私の一緒に頑張ってみますか??と言われて、その場では入会の意思確認はしません。
組織目標もあくまでも会員を成婚させて成婚料をもらうことです。
その分だけ煽られる部分もあるので、一長一短があります。
営業のうまい結婚情報サービスだけというのではなくしっかりとした態度で臨む事をお勧めします。
Posted by Nobu3 at 2006年07月05日 13:48
結婚情報サービスの営業は、その日のうちに契約させるようにしているように見えます。その時にはあなたは結婚できる立場であるからできるだけ早く入会をして相手を探す事を勧めて、他の結婚情報サービス会社よりいかに自社が優れているかをアピールをしているようです。
費用はあえてローンを組ませて、負担が少ないように見せかけてますが負担は結構多いですね。
結婚紹介所というものがある事自体を言わないでしょうね、それは比較された時に自分たちが不利であることが明確だからでしょう。
とにかくその場で契約をさせてローンを組ませる事が組織目標なのです。(考えるからと今日は帰られたら失敗)
Posted by Nobu3 at 2006年07月05日 13:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20269821
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

結婚相談所で結婚できる男に変身する方法!
Excerpt: 結婚相談所で結婚できる人、できない人の違いとは?。 結婚したいのに結婚できない男が結婚できる男に変身するもてない男が 結婚できる男になる方法。 あなたこんなお見合いをしてませんか?。 女性 :..
Weblog: 結婚と恋愛の悩み・ズバリ!まかせなサイト
Tracked: 2006-07-11 15:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。