2006年12月23日

強引なお見合い

どんどんお見合いを組んでいくのは結婚相談所の役目だから凄くいいことなんだけど、しかし、ただお見合いを設定すればいいというものでもない。
よく聞くケースに強引にお見合いをさせられたというケースがある。

「とにかく良い人だから会いなさい」なんて勝手に話しが進んでいってしまう。当然、自分の意志が反映していないから、気乗りしないままお見合いに望むこととなる。
これで上手くいくとは思えないね。

中には、相手に対する希望も聞いてもらえず、ただ「いいからいいから」という調子で引き合わせられたり、「向こうさんは財産があるから」なんてわけの分からない理由で、ムリヤリお見合いに駆り出されてしまった・・というような話しを聞いたことがあるよ。

こうなったら何でもいいからお見合いをさせて早く結婚させてしまえ、みたいな雰囲気を感じてしまうね。
あまり良心的とは言えないね。結婚相談所のエゴみたいで・・

そして、そんな話しを聞くと、かなりご高齢の方がやっている結婚相談所が多いような気がするんだよね。
年配の方特有のお世話好きが行き過ぎているのかも知れない。
長年培った経験に自信があるのかもしれないけど、ちょっとありがた迷惑という気もするなー。


ぜひぜひ!
人気blogランキングへ
posted by ネガ at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚相談所業界の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

優良な結婚相談所のホームページ

結婚相談所の探し方にもいろいろあるけど、最近はインターネットで探して訪ねてくる人が増えているみたいだ。
昔は電話帳や新聞広告、チラシ、看板なんかで探すしかなかったから、とても便利になったもんだ。

ネットでは検索エンジンを使って探す人が多いと思うけど、優良な結婚相談所を探す場合はあまり当てにならないんだよ。
検索エンジンにキーワードを入れて結婚相談所を探すと、どうしても最初の方に出てくる結婚相談所にしか目がいかないよね?

だけど、優良な結婚相談所だから最初に出てくるわけではないよ。
結婚相談所の善し悪しと検索エンジンで表示される順番は全く関係がないんだ。
なぜなら、検索エンジンを運営している会社が結婚相談所をいちいち調査しているわけではなく、機械(ロボット)がネット上を巡回して、自動的に結婚相談所のサイトを拾ってくるだけだからだ。

知っている人は知っていると思うけど、その機械(ロボット)に好かれる作りになっていたり、敢えて好かれるような仕組みを作っているホームページが最初の方に表示されるということ。
その辺のテクニックやノウハウを持っている人が作っているものが最初に出てくるんだね。

だから、そのテクニックやノウハウを持っていなかったり、そこに力を入れていなければ、どんなに素晴しい結婚相談所もどんなに優良な情報も誰にも
見られることはないんだ。

場合によっては、最初に出てくるのは、ほとんど中身のない広告だけ集めたサイトや単なる資料請求を促すサイトばかりなんてこともある。
要するに、専門家やセミプロが広告収入を目的に作ったサイトが検索エンジンに好かれているということだね。
だから、上質な結婚相談所のサイトなんか気の毒だよ。

実は、ほどんど誰の目にもとまらないようなところに、優良な結婚相談所や本当に自分に相応しい結婚相談所のサイトが潜んでいる可能性が高い。
だって、目につくのはほんの一部で、大多数はどこかに埋もれてしまっているんだから・・
検索エンジンは全然頼りにならないということだね。


ぜひぜひ!
人気blogランキングへ
posted by ネガ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚相談所業界の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

結婚相談所のかけもち

結婚したい人というのは、本当に結婚したいようだ。
自力での結婚は難しいと悟ると、もはや結婚相談所や結婚情報サービス会社頼みという人も少なくない。
同時にいくつもの結婚相談所や結婚情報サービスに登録している人も意外に多かったりするんだね。

初めはどこか一つの結婚相談所に登録して、なかなかうまくいかないと今度は別のところにも登録するといった具合だ。
そして、そこもイマイチだとまた別のところ、なんて感じで2つ、3つかけもちで登録している。
結婚願望がよほど強いんだろうけど、よくお金があるもんだと感心することもあるよ。
でも、これも将来に向けての自己投資ということで、理想の結婚相手が見つかれば高くはないんだろうけどね。

あとは結婚相談所や結婚情報サービスを転々と渡り歩く人もいる。
一つのところを途中で辞めて、次のところに登録する。またここも途中で辞めて、次のところ、という具合に飽きっぽいのか、それとも諦めが早いのかあちこちに顔を出したりするんだね。
こういう人はこの業界の知識が豊富でいろんなことを知っている。

そうかと思えば、一つの結婚相談所や結婚情報サービスに10年以上もお世話になっているという人もいたりする。
結果的になかなか良い縁に恵まれなかったようだけど、そんな人が急に縁談がまとまったりすることもあるから、諦めずに辛抱することも大切なんだよね。


ぜひぜひ!
人気blogランキングへ

posted by ネガ at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚相談所業界の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

勧誘されたときの言い訳

熱心な結婚相談所や結婚情報サービス会社から一度来社するようにと何度も誘われることがある。
もちろん自分で興味があるのであれば、その誘いに素直に応じて一度行ってみればいい。

だけど、そこまでの興味もなく、入会する意志もなければ、はっきり断わればいい。それを熱心に誘われるから断わりづらいとか、相手に悪いからはっきり言えないなどとあやふやな態度をとっていると、いつまでたってもラチがあかないし、逆にそういった態度は相手に悪いんだよ。

相手の担当者は、はっきり断わらないから、少しは興味があると思い込んで何度も貴重な時間を使って連絡をしてくる。
そして、より熱心に誘ってくるわけだ。

「今は仕事が忙しいからそのうちに・・」などと言って、引き伸ばされると、「仕事が落ち着けば来てくれる「と思い込んでしまうからね。
それで、間隔を置きながら連絡を入れることになる。
でも、いつまでたっても、何度連絡しても、毎回「まだ忙しい」と言われ続けられたら、いい加減うんざりしてきて、嫌ならはっきり断わってくれ、という状態になるんだよね。

いくら忙しいといったって、年中無休で24時間ずっと仕事をしているとも思えないからね。
時間を作ろうと思えば、どこかで1,2時間位なら都合はつくだろう。
それを何ヶ月もひどい時は何年も同じことを繰り返されるんだから、困ってしまうわけだ。
そして、そういう人が結構多かったりするんだね。
煮え切らないというか、決心がつけられないというか、気が優しいというか・・

はっきり断わるのは決して悪いことじゃないんだ。
逆にその方がケジメがついてありがたかったりするんだよね。


ぜひぜひ!
人気blogランキングへ

posted by ネガ at 19:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 結婚相談所業界の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。