2006年10月31日

意味不明なクレーム

結婚相談所を通じて出会ったといっても、男女の付き合いは普通の恋愛と一緒だ。
だから、たまに男女間のトラブルのような相談もあるけど、交際に入ったら基本的には自己責任となる。
当たり前のことだと思うよ。
それが、交際が破局を向かえたとたん、結婚相談所の責任にしてしまうという妙な人もいることはいるね。

どういうことかというと、以前あったケースだけど、ある女性とある男性が順調に交際を進め、婚約までした。
ところが、急に男性が婚約を解消し、交際が終焉となった。
原因は、男性に別の交際相手ができたから。

それに対して女性は怒り、こっちに文句をつけてきたんだよね。
「なんでそんな男を紹介したのか」と言うんだ。
そんなことを言われても、こっちが男性にそうしろと言ったわけでもないし、交際を壊したわけでもない。
もしかしたら、その女性にも問題があったかもしれない。

それでも、こうなったのはその男性を紹介した結婚相談所が悪い、ということで耳をかさないんだね。
婚約が決まったときは、散々お礼を言っていたのに・・
まるで手の平を返したようになるんだから、これじゃ交際がダメになったのも分る気がしたよ。

そんなこと言ってくるのは女性が多い気がするんだけどね・・


ぜひぜひ!
人気blogランキングへ

posted by ネガ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚相談所業界の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

結婚相談所と結婚情報サービスの会員の違い

結婚相談所や結婚情報サービスに入会している会員さんは、どちらも結婚相手を探すためという目的は同じだ。
しかし、どこか違う気がするんだよね。
表面的なことではなくて、意識が若干違うんじゃないかな?

根本的に会員の集め方に違いがあるから、ニーズが違うのかもしれない。
大きな結婚情報サービスでは、どんどん広告を出し、見込み客に対しては積極的に営業をかけて入会を勧めていく。
いわゆる攻めの営業だね。
だから多少強引な勧誘になる場合もある。そうするとまだ結婚を真剣に考えていない人でも入会してしまうこともあるし、成り行きや衝動的に入会してしまう人も少なくないんだよね。
そんな人たちが会員になったとしても、真面目に活動しなかったり、幽霊会員みたいになったりするから、会員数が多くても会員の質に問題があるかもしれないね。

それに対して中小の結婚相談所では、お客さんからの問い合わせや申し込み、あるいは誰かの紹介がほとんどだ。
積極的な営業や勧誘はあまりしていない。
いわゆる待ちの営業だね。
だから会員さんは、自分で結婚相談所を探し、自分で行動を起こして入会したわけだから、結婚に対する意識は高く前向きだと言える。

もちろん全てがそうだと言い切れないけど、結婚に対する会員の認識に違いがあるかもしれない。


ここです!
人気blogランキングへ
posted by ネガ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚相談所業界の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

奥手の男性

先日、テレビの番組で30〜34歳の男性の24%は女性経験がないという、ちょっと信じられないような話を特集でしていたけど、でも案外そうかもしれない。
結婚相談所に来る男性の中にも、30歳を過ぎているのに今までに一度も女性と付き合ったことがない、という人が結構いるんだよね。
これでは結婚相手を探すにも、かなり労力が必要になる。

この前も一人の30代の男性会員が、スタッフに相談に乗ってほしいということで結婚相談所に訪ねてきた。
話を聞いてみると、今付き合っている彼女と破局しそうだとか。
原因を聞いても自分じゃさっぱり分らないと言う。
よくよく話を聞いていくと何となく原因が分ってきた。

彼女とは付き合い出して3カ月が経ったらしい。
すぐに仲良くなって、トントン拍子で交際も進み、2カ月目に早々とプロポーズをしたそうだ。
彼女も即OKということでめでたしめでたし。だったんだけど、3カ月目に入って急に雲行きが怪しくなってきたとのこと。
ある日、いつものようにデートの約束をしていたんだけど、約束の場所に彼女が現れなかった。
それ以来連絡も取れなくなったようだ。
最初の頃は凄く仲が良かったのに、日が経つにつれて彼女の様子がそらぞらしくなり、明らかに変わってきたらしいね。

そこでどんな付き合い方をしてきたのか聞いたら、まるっきり子供の付き合いなんだ。
3カ月も付き合い、婚約までしたのに手も握っていないという。
一緒に夕食をしたら、さっさと彼女を送っていくというデートの繰り返し。

なぜかと尋ねたら、今までに女性と付き合ったことがなくスキンシップの取り方が全然わからないというんだよ。
それで、女性に興味ないのかと聞いたら、すごく興味はありAVはよく見るというんだ。
出張先のホテルでは必ずAVは見るとか。
それなら何で好きな相手に対して行動を起こさなかったのか聞いてみると、
AVで男優がやっているようなことを自分はやれる自信がないから手が出せなかった、って言うんだよね。
どうも経験のない彼の頭の中では、SEX=AVという図式ができあがっていたようだ。

これじゃ彼女が不安になる気持ちもわかるね。
でも彼には女心はまるでわかってなかったよ。


ここです!
人気blogランキングへ





posted by ネガ at 19:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 結婚相談所業界の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

結婚仲介業者のオーバートーク

結婚相談所や結婚情報サービスに説明を聞きにいったときに、調子がいいことばかり言われることがある。
営業に熱が入っている担当者ほど調子いい。
とにかく良いことばかり言うんだよね。

「あなただったらすぐに決まりますよ」
「必ずいいお相手が見つかりますよ」
「絶対、結婚できますよ」

こんなこと言われたら要注意だ。
完全なオーバートークだね。
入会してほしいから、ウソも方便で営業用としてそう言っているだけ。

実際にはそんなことはありえない。
絶対に相手が見つかったり、結婚できるという保証があるわけない。
だって、お金を払って結婚相手を買うわけじゃないんだからね。
相手がいることだから、そんなこと考えればすぐに分かりそうなものだけど、実際にはその言葉を鵜呑みにして入会してしまう人もいるんだよね。

どんなに優秀な結婚相談所でも有名な結婚情報サービスでも「絶対」ということはないよ。
だから、「あなたは素敵だから、絶対に大丈夫」なんて言われて、喜んでちゃいけない。
むしろ、そんな調子のいいことを言われたら、逆に警戒したほうがいいかもしれないね。
単なる営業のためのオーバートークと思っていいだろう。


ここです!
人気blogランキングへ


posted by ネガ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚相談所業界の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

結婚仲介業者のセールストーク

結婚相談所や結婚情報サービスに一度でも説明を聞きに行ったことがある人なら心当たりあると思うけど、担当者の説明の中には、かなり惹きつけられるトークというのがあるんだ。
殺し文句というか、営業トークというか、とにかく錯覚してしまう。

たとえば、
「あなたと希望条件がぴったり会っている人が○百人もいますよ」
これは表面上の希望がお互いに合っているというだけ。
必ず紹介するということではないし、会えるということでもない。
「あなたのことを希望している人がこんなにいますよ」
というのも、全く同じ。

「こんなにたくさん紹介できます」「こんなに相応しい相手がいます」
これはデータ(プロフィール)を紹介できるということで、直接紹介できるということではないんだね。
だから、その人たちと会えるという保証はないわけだ。
「こんなにステキな人が紹介できますよ」
というのも、全く同じ。

こういったフレーズを聞かせられると、あたかも入会したら素敵な人とたくさん出会えるように勝手に思い込んでしまうんだよね。
この時点ですでに相手が見つかったかのように喜んだりしてね。
そしてすぐに入会を決めてしまう。

初めは興味本位で話を聞きに来たのに、いつの間にかその気になってしまうなんてこともよくある話なんだ。
オーバートークではないにしろ、一般の人なら勘違いしてしまうと思うよ。

でも現実はそんなに生易しくはない。
入会後に「話が違う」と言われても、担当者もウソをついたわけじゃないからね。
「ちゃんと紹介してるけど、会えないのは自分の問題でしょ」という感じになってしまう。

あるいは、医者、弁護士、実業家、スチュワーデス、モデルといった人気職業の人たちが多数登録している、というのは、ただ登録しているというだけ。
決してあなたに紹介できるとか、会わせるとか、付き合えるとかではありませんからね。あなたがよほどの人じゃない限り難しいですよ。


ここです!
人気blogランキングへ

posted by ネガ at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚相談所業界の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

女性の年収を気にする男

結婚相談所に来る男性に限ったことじゃないだろうけれど、女性と比べて男性は結婚相手に対する希望に厳しい条件というのはない。
せいぜい年齢を気にする程度で、あとは特別な希望をもっていないのが普通のようだ。
もちろん外見や内面は気にするだろうけどね。

でも結婚相談所や結婚情報サービスに来る男性で、女性に対する希望条件に年収を入れる人がたまにいる。
年収300万以上の人希望なんてするんだよ。
女性は結婚した後に、自分や子どもを養ってもろう必要があるから男性に対して経済力を求めるのは当然だろう。
だから年収を希望条件にするのは普通のことだけど、男性が女性の年収を気にするというのはあまり理解できない。

だから、なぜなのか理由を聞くんだけどはっきりは言わない。
勝手に推測すると、自分の収入が少ないから相手の収入も当てにしたいのかなと思うんだけどね。
でも最初からそれだとちょっと情けないよね。
女性もそういう意図がわかったら、そんな男性は相手にしないと思うよ。

もっとずうずうしいのは、自分の年収よりも多い年収の女性を希望する男性がいるんだ。
女性の年収500万以上とか。
女性に経済力を求めてどうすんだ?
明らかに結婚後に自分が楽できるとか、いい生活が送れるとかそんなことを考えているとしか思えないね。
まあ自分のことしか考えてないってことだ。

女性が自分の年収より低い年収の男性を希望するわけないのに、それを言っても納得しないんだから困ったもんだ。
そんな人には自力で探しなさいと言うしかないよ。

ここです!
人気blogランキングへ

posted by ネガ at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚相談所業界の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。