2006年06月29日

結婚相談所の名称

結婚相談所と結婚情報サービスのおおまかな違いは、システムやサービスの中身、料金形態などが違うんだけど、最近はこの業界もいろんな形のものが出てきているから、その違いの線引きが難しくなったね。

何せ結婚相談所だけでも全国に4000位あって、生き残りの競争が激しいから、それぞれが独自性を持たせて差別化を図ろうとしている。
だから全部特徴が違う。理念や考え方も違う。

それで結婚相談所であっても、結婚情報サービスと名乗るところもあるし、他にも結婚サポートだとか成婚相談、恋愛結婚相談、お見合い結婚相談、なんて名称をつけてオリジナリティを出している。単に結婚相談所と言うよりは何となくカッコイイしね。
呼び方に規定があるわけじゃないから。

結婚相談所と結婚情報サービスの明確な基準がないから仕方ないけど、これじゃ一般の人はわけがわからないと思うよ。

基本的には、結婚相談所は個人運営、あるいは中小規模の事業者が連携を取ってお見合い相手を紹介しあっている。ネットワーク化されているんだ。
例外もあるけど、ほとんどはそうだ。

それに対して結婚情報サービスは独自で組織を作り、大々的に全国展開している。そこまでできるのだから当然大きな会社が多い。
有名な大企業の関連会社というのもあったりする。

知名度があるところはほとんどが結婚情報サービス会社だ。
資金力があるから広告をバンバンだしているもんね。
でも広告を見た人は、大きな結婚相談所くらいの認識しかない。
まだまだ世間はそんなもんだよ。
結婚相談所だろうと結婚情報サービスだろうとみんな一緒という感覚かな?
まあ、名称なんてどうでもいいんだろうけどね。




posted by ネガ at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚相談所業界の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

結婚情報サービスの出会い

結婚情報サービスは情報提供がメインサービスと言ったけど、近頃では結婚情報サービス会社でもお見合いを取り入れるようになってきた。
さすがに結婚相手のデーターだけ提供して、あとはがんばって活動しない、というやり方では、自分でいくらがんばっても全く出会えないというケースもかなりあるからだ。
クレームで最も多いのがこのケースだ。大金を払ったのにちっとも出会いがないじゃないか、というもの。

そりゃそうだ。希望条件の合う相手とデーター交換をして、お互いにOKなら電話番号やメールを教えてもらえるんだけど、簡単なデーターだけでOKをもらうのも大変なのに、やっとOKをもらったと思ったら、今度は自分で相手に電話してアプローチしなければならない。これがまた大変。

だって見ず知らずの人にいきなり電話するのも勇気がいるのに、そこからデートの約束を取り付けなければならないんだから。
最初に電話で話して、話が合わなかったり、印象が悪かったらここでおしまい。中にはせっかくOKをもらっても電話しない人さえいるんだから、もったいないね。

でも、よく考えたら積極的にアプローチできて、デートにもスムーズに誘えるんだったら、普段でもそれなりに出会いがあると思うんだけどね。
その辺が苦手だからこういう所へ入会したという人もいると思うよ。
そういう人はシステムをよく理解しないで入会したんだろうね。

その点お見合いはそういう苦労がないからいい。
相手だけ選べば、あとは結婚相談所でお見合いの日時を全部セッティングしてくれる。自力でアプローチするよりは、ずっと出会いの確率が良くなるはずだよ。何せお見合い仲介のプロがやるんだから。

そんな事情もあるから、結婚情報サービス会社もお見合いという方法を見直したんだ。でも大々的にはやれない事情もまだあるようだけどね。
posted by ネガ at 19:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 結婚相談所業界の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

結婚情報サービスにかかるお金

結婚情報サービス会社の費用は、だいたい30万〜60万位なんだけど、これは前にも言ったように情報提供料や活動費、運用費という名目だ。
お見合い料や成婚料といった成功報酬型ではない。
つまり、出会いがあろうがなかろうが、結婚できようができまいがこれだけの費用がかかるということ。

結婚相談所と違い、結婚相手候補の情報(データー)を提供することがビジネスだからしょうがない。結婚相手の情報を受けた対価としてお金を支払うということになる。
つまり、結婚相談所の商品が「結婚」なのに対して結婚情報サービスの商品は「情報」なのだ。

そして、もう一つ大きな違いは、この費用を入会する前に払わなければならないということ。しかし、こんな大金をいっぺんに払える金持ちは少ないから、ほとんどがローンを組むことになる。
近頃では、月会費のように分割で徴収するところもあるけど、いづれにしろ毎月の支払いはけっこう大変じゃないかな?
ローンの支払いが滞るなんてことはよくあったからね。

それで誰とも出会えないということになると気の毒だよ。
何にもなくてもお金だけは毎月引かれるんだから。
そんな人にはガンバレとしか言いようがないけどね・・

posted by ネガ at 19:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 結婚相談所業界の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

結婚相談所にかかるお金

結婚相談所と結婚情報サービスの違いだけど、料金の形態も違うんだ。
結婚相談所はほとんどが成功報酬型を取り入れている。
つまりお見合いを組んだときにいくら、結婚が決まったらいくらというパターンだ。それに対して結婚情報サービスは相手のデーターを提供するわけだから、情報提供料という形でお金を取るんだ。

結婚相談所はうまくいったら最終的に30万〜50万位はかかるけど、うまくいかなければ数万円、数十万円で済むはずだよ。
うまくいくって言うのは、もちろん結婚相手が見つかった、っていうこと。
普通に考えれば30万、40万なんて大金だけど、よーく考えればその金額で一生をともにする伴侶ができたわけだから安いんじゃないかな?
だって愛する人が現れて、憧れの結婚ができるんだよ。

そろそろ結婚したくなって、例えばエステに通ってキレイになろうと思ったらそれくらいは軽くかかるんじゃない?
花嫁修業と称して習い事でも始めたらそれくらいはかかるでしょ?
男性なら結婚相手を探すために合コンやパーティに参加したり、サークルに入ったり、あちこち出かけたりするだけでもかなり出費になるし、何よりも交際相手が見つかって、結婚まで漕ぎ着けようと思ったら、その期間はエライ投資をしなければならないもんね。

俺の知り合いなんか、彼女が欲しくて、ちょっとカッコイイ車を買ったら250万円だって。女にモテて、彼女を見つけるためにだけでだよ。
何を考えているんだか。
よっぽど結婚相談所にでも投資したほうが良いと思うね。

結婚相談所は初期費用があまり必要ないから入りやすいというメリットはあるね。入ってからうまくいくかどうかはわからないけど、もしうまくいかなかったとしても、リスクはあまりないと思うよ。
それが成功報酬の良いところかな。

posted by ネガ at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚相談所業界の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

結婚相談所と結婚情報サービス

結婚相談所と結婚情報サービスの違いはというと、はっきり言ってここがこうだからという判断基準は存在していない。
だから結構漠然としている部分はあるけれど、一般的に考えられている違いは、結婚相談所は、結婚相手候補を直接紹介するのに対して、結婚情報サービスは、結婚相手候補の情報(データー)を提供するということだ。

つまり、結婚相談所はお見合いという形で、お互いに気に入った相手を直接引き合わせるのだけれど、結婚情報サービスは自分の希望条件に合った相手のデーターをもらい、相手が気に入れば、そこからは自分でアプローチしていかなければならないんだ。

結婚相談所のシステムは非常に単純なのに対して、結婚情報サービスのシステムは文字では説明できないくらいややこしいんだよね。
データーのやり取りの方法から出会いに至るまで、いろいろな規約やルールがあったりして、まずはそれを覚えるのが大変!

会員の中で完璧にシステムを使いこなせているのは、一握りじゃないのかな?途中で面倒くさくなったり、最後まで理解できずに退会していくケースもあったと思うよ。

そのかわり、お互いの希望条件をコンピュータで細かいところまでぴったり合わせて紹介するから、合理的で近代的だね。
結婚相談所のお見合いは手づくりの紹介だから、さすがにそこまではできないから、お見合い相手が希望条件から外れる場合もあるわけだ。

出会いの確率からすると、そりゃあお見合いの方が早いし確実だよね。
データー紹介は、時間がかかるし、何よりも自分の努力しだいってところもあるから確実とは言い難いな。
だけど、相手と出合えたらお見合いと違い、恋愛感覚になるのが若い人にウケているんだろうね。
あっ、若い人だけでもないのかな?


posted by ネガ at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚相談所業界の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

結婚相手紹介

恐らく世間一般では、結婚相手を紹介したり、斡旋するところは全て「結婚相談所」とみているようだが、厳密にいうと違う。

何が違うかというと、システムやサービスの違いによって形態が2つに分類されるのだ。
1つは結婚相談所、1つは結婚情報サービスと言われるパターンだ。
この2つのことを、ときには結婚仲介所、結婚紹介所、結婚斡旋所といわれることもあるので非常にややこしい。

その呼び名の違いが何かという明確な基準があるわけでもないので、ホントにややこしい業界なのだ。
そこにもってきて最近では、インターネットで結婚相手を探すというタイプやサークル形式で相手を紹介するというタイプなんかも出てきているので、もう何が何だかよくわからん、という感じだ。

しかも出会い系サイトまで、結婚相手と出会える、なんてことをうたっているケースも見かけたりするから余計混乱してしまう。

お国のほうもわけがわからんから、総称して結婚相手紹介サービス業といってるけど、やはり歴史や実績からして結婚相手紹介の王道は結婚相談所や結婚情報サービスといったところだろう。

ただしこの2つの違いもビミョウにややこしいんだなー。これがまた。
あまり気にすることもないけどね。


posted by ネガ at 16:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 結婚相談所業界の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

結婚相談所裏話〜序説

結婚をしたくない人、結婚相談所なんて興味がないという人には役に立たない話かもしれないけど、だから面白いと思うな〜。

真剣に結婚を考えている人、結婚相談所もいいかなと思っている人にはきっとタメになると思うし、面白いと思うな〜。

まあとにかく、結婚相談所とか結婚情報サービスといった、俗に言う結婚相手紹介サービス業の裏側をポツポツと伝えていくつもりなので乞うご期待!ってとこかな?

俺にとっては本当にどうでもいいことなんだけど、こんなこと書かれたらマズイと思う業界の人間もいるんだろうね。
でも、結婚を考えている人に有益な情報を流すんだから許して欲しいよね。

15年に渡る結婚仲介屋経験から得た中身の濃い話しを、ポツリポツリと発信していくのでお楽しみにね。

(それにしてもこのブログの使い方がまだ良くわからない・・やばい・・)



posted by ネガ at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚相談所業界の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。